So-net無料ブログ作成
検索選択

中村勘三郎様 ご冥福をお祈りいたします。 [演劇]

先日、一日も早い快復をと自分のブログで触れたのですが、
懸命の治療も甲斐なく亡くなられてしまいました。

57歳。

先日、亡くなった森光子さんは先代のお父さんの勘三郎さんと親交が深かった方ですが、
まさかその息子さんが後を追うように亡くなってしまうとは突然の訃報に心の整理がつきません。

歌舞伎界、演劇界は貴重な宝を失いました。

医学の進歩はめざましいものがありますが、まだまだ無力なところもあります。

http://lapis-lazuli123.blog.so-net.ne.jp/2012-11-20
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 2

長老純爺

私も勘三郎の大ファンです。
お悔やみのことばもありません。残念でたまりません。
もう一度舞台を見たかった……

          
by 長老純爺 (2012-12-06 10:49) 

ひでっち

本来は庶民の楽しみであった歌舞伎は時代の流れとともに
高尚で難解なすこし敷居の高い演劇になったところがありますが
当代勘三郎さんは持ち前の愛嬌やアドリブで歌舞伎にもいろんな
分野、広がりがあることをアピールして、観劇人口を大いに増やした
功労者だと思います。

歌舞伎を教えてくれた先輩から学んだことは芸術全般、ライブが
一番、観たもの勝ち、聴いたもの勝ち、経験したもの勝ちという
ことです。


舞台でよく「おとうさんそっくり!」という掛け声がかかっていたのが
懐かしく思い出されます。


歌舞伎座が来春やっと杮落しを迎えるという時期になんともせつなく
やりきれない訃報です。

合掌。
by ひでっち (2012-12-06 21:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。